WWL HIROSHIMA

ワールド・ワイド・ラーニング(WWL)とは

WWLとはWWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業を指しています。将来、世界で活躍できるイノベーティブなグローバル人材を育成するため、これまでのスーパーグローバルハイスクール事業の取組の実績等、グローバル人材育成に向けた教育資源を活用し、高等学校等の先進的なカリキュラムの研究開発・実践と持続可能な取り組みとするための体制整備をしながら、高等学校等と国内外の大学、企業、国際機関等が協働し、テーマを通じた高校生国際会議の開催等、高校生へ高度な学びを提供する仕組み (ALネットワーク)の形成を目指す取り組みです。

HIP HOPE (Hiroshima International Peace for HOPE)とは

HIP HOPEとは、HIROSHIMAの高校生による平和に関する探究や発信のためのWebサイト hiphope.jpや7月に実施する国際会議での活動です。文部科学省の事業である、WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業の一環として、広島県の高校生で活動しています。WWLでは、学校内の総合的な学習、県内のWWL活動校で生徒実行委員会(SEC)、探究プログラム(PPC)、高度なコミュニケーション(PHC)の3つに分かれて活動しています。このサイトはSECメンバーを中心に作成しています。HIP HOPEを通してあなたの平和への思いを、世界中の高校生に共有しませんか?

【活動校一覧】

拠点校: 広島国泰寺高等学校

連携校: 広島高等学校・⻄条農業高等学校・福山誠之館高等学校・呉三津田高等学校・広島大学附属福山高等学校